大きな古時計はこうして生まれた
ジョージホテルでの誕生秘話

大きな古時計の謎 Grandfather's Clock

大きな古時計が出版される2年前の1874年、ヘンリー・ワークは劇場公演のツアーに加わるためイギリスに渡っていた。

旅の際に止まったホテルは、ダーラム州ピアスブリッジ(Piercebridge in County Durham)の川沿いにある小さな民宿「ジョージ・ホテル(George Hotel)」。

【関連ページ】 グーグルマップで見るジョージホテル

宿の玄関をくぐったワークは、ジョージ・ホテルに置かれていたロングケース・クロック(long-case clock)に目が留まった。なぜなら、動いてもいない古びた時計が、わざわざ目立つ玄関ロビーに置かれていたからだ。

針の止まった古時計に興味を持ったワークが尋ねると、ホテルの主人はとあるエピソードを静かに語り始めたのだった。

ジェンキンズ兄弟のジョージ・ホテル

ヘンリー・ワークが訪れる数年前まで、ジョージホテルはジェンキンズという二人の兄弟が所有するホテルだった。彼らは生涯独身だったが、地元の人々からの信頼も厚く、人付き合いのいい兄弟だったという。

ジョージホテルのロビーには、2mを超える大きな木製の時計が置かれていた。それは、ジェンキンズ兄弟の兄が生まれた日に購入されたロングケース・クロック(long-case clock)で、ジョージホテルの顔となっていた。

この大きな時計の正確さには定評があり、宿泊客が馬車の出発の時刻を知るのにとても役に立っていたという。時間がずれたりすることは一日もなく、一年中正確な時を刻み続けていたそうだ。

ジェンキンズ兄弟が亡くなり、遅れはじめる大きな時計

ある日、ジェンキンズ兄弟の弟が病に倒れ、そのまま亡くなってしまう。すると、今まで正確に動いていた大きな時計の時間が急に遅れ始めた。最初はほんの数分程度の遅れだったが、弟の葬儀が済む頃になると、修理士が注意して管理していたのにもかかわらず、大きな時計は徐々に遅れの度合いを増し始め、ついには一日に15分も遅れるようになってしまった。

弟の死から1年以上経過したある日、後を追うように今度はジェンキンズ兄弟の兄が亡くなった。彼の死を聞きつけてホテルのロビーに集まった友人たちは、大きな時計を見て騒然としたという。というのも、時計の針は「11:05」、すなわち彼の死の瞬間の時刻を指し、動いていたはずの振り子もその動きをまったく止めてしまったのだから。

【写真】 ジョージ・ホテルに現在も展示されているグランドファーザークロック(撮影:Katsuyuki Ishii)。

一夜にして書き上げられた「大きな古時計(My Grandfather's Clock)」

ジョージホテルのオーナーから聞いた大きな時計のエピソードは、ヘンリー・ワークに強いインスピレーションを与えた。強い創作意欲に掻き立てられたワークは、その日一晩中寝ずにこの逸話についての曲を書き上げた。この曲が今日我々の知るアメリカ歌曲「大きな古時計」の原曲というわけだ。

ワークがこの曲を早速アメリカに持ち帰り発表したところ、たちまち多くの人々の賞賛を得て、この作品はミリオンセラーになった。この曲がヒットする前は、大きな時計は一般的に「Coffin Clock(棺おけ時計)」とか「Long case Clock(ロングケース・クロック)」などと呼ばれていたが、「My Grandfather's Clock」の発表以来、大きな時計はその曲のタイトルから「grandfather's clock(おじいさんの時計)」と呼ばれるようになったという。

【関連ページ】 大きな古時計の謎トップへ

イギリスのジョージホテル現地レポート(記事:k-ishii様)

以下の記事は、k-ishii様により特別寄稿を受けたジョージホテル現地レポート。実際のホテルの雰囲気が伝わってきて、非常に有意義なな紀行文である。

k-ishii様による現地レポート

2002年11月にイギリスに行く機会が有り、こちらのwww.worldfolksong.comの記事に触発され、The George Hotel まで行ってきました。

その時計はきれいな状態でロビーにおいてあり、周りには、歌の歌詞、時計の解説、
H.C.Workが亡くなったときの新聞記事などが飾られてありました。
その時計は本当に11時5分をさして止まっていました。

Hotelの方に聞いてみると、その時計を見るためにHotelを訪れる人はあまりいない
みたいです。たまにみていく人がいる程度、とのことでした。

The George Hotelは川のほとりにあるのですが、私の行ったときは大雨の直後で
川が増水していて、いまにもホテルを飲み込みそうな状況で、ドキドキしたおぼ
えが有ります。

また、町中では無くて郊外に位置していて、旅行者が使う、というより、周辺に住んでいる人々の場、という雰囲気でした。結婚式場としても使われているようです。

【関連ページ】 大きな古時計の謎トップへ