怒りの日(ディエス・イレ)ヴェルディ

「聖職者の衣服をまとったオペラ」と皮肉られた劇的なレクイエム

『怒りの日(ディエス・イレ)』は、ヴェルディ作曲「レクイエム」の一曲。

正式名称は、「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」。イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲された。

日本の合唱やオーケストラの関係者、クラシック音楽ファンの間では、俗に「ヴェルレク」または「ベルレク」と略称されることがある。

しばしば、モーツァルトフォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられる。

写真:イタリア・ナポリにある歌劇場 サン・カルロ劇場

「怒りの日(ディエス・イレ)」って何?

怒りの日(ディエス・イレ/Dies irae)とは、キリスト教の終末思想の一つ。世界の終末の日に過去の全ての人間を地上に復活させ、天国に行けるか地獄に落とされるか、その生前の行いに審判が下される日を指す。

なお、フランツ・リスト作曲「死の舞踏 Totentanz (Dance of Death)」では、伝統的な古い「怒りの日(ディエス・イレ)」の旋律が繰り返し用いられている。

有名なクラシック音楽特集へ

フォーレ 『レクイエム(Requiem)』

モーツァルト 『怒りの日(ディエス・イレ)』

【試聴】ヴェルディ 怒りの日(ディエス・イレ)

関連ページ

ヴェルディ 有名な曲・代表曲
『アイーダ行進曲』、『怒りの日』、『乾杯の歌』など、ヴェルディの有名な曲の解説・YouTube動画の視聴
モーツァルト『怒りの日(ディエス・イレ)』
モーツァルトの早すぎた死により、作品は未完のまま残され、彼自身が作曲したものは「第1曲 入祭唱」のみ。
フォーレ『レクイエム Requiem』
レクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏機会が多い。
有名なクラシック音楽 一覧
ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなど、日本でも有名なクラシック音楽の名曲・代表曲特集