交響曲第4番(チャイコフスキー)

我々は生き続けることができる 悲しみと運命を克服するために

『交響曲第4番ヘ短調 作品36』は、チャイコフスキーが作曲した4番目の交響曲。1878年2月、サンクトペテルブルクにてニコライ・ルービンシュタインの指揮で初演された。

曲想は、第1楽章が非常に暗く病的で感情過多。第2楽章は寂しさと夢、第3楽章は酒に酔った農民達の踊りの気分、そして第4楽章では運命に対する勝利が描かれる。

写真:モスクワ 赤の広場(聖ワシリイ大聖堂側からの視点)

【試聴】チャイコフスキー交響曲第4番 第4楽章

第4楽章に込められた決意とは?

『交響曲第4番』が作曲された当時、メック夫人がパトロンになったことにより、経済的な余裕が生まれ、チャイコフスキーは作曲に専念できるようになった。本作もメック夫人に捧げられている。

チャイコフスキーはメック夫人に宛てた書簡の中で、『交響曲第4番』の第4楽章に込めた決意を次のように表している。

この世は暗黒だけではなく、この楽章で示されているように多くの素朴な人間の喜びがある。たとえ我々は馴染めずとも、その喜びの存在を認め、悲しみを克服するために生き続けることができる。

関連ページ

チャイコフスキーの有名な曲・代表曲
『くるみ割り人形』、『ピアノ協奏曲第1番』、『ヴァイオリン協奏曲』など、ロシアの作曲家チャイコフスキーの有名な曲・代表曲の解説とYouTubeまとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画まとめ

関連アルバム

チャイコフスキー:交響曲第4番

チャイコフスキー:交響曲第4番

レーベル:ユニバーサル ミュージック クラシック

指揮:カラヤン(ヘルベルト・フォン)