ウィーン気質

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II/1825-1899)

『ウィーン気質(Wiener Blut)Op. 354』は、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家ヨハン・シュトラウス2世による1873年の作品。

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の娘ギーゼラ・フォン・エスターライヒとバイエルン公レオポルト・フォン・バイエルンとの結婚を祝して作曲された。

写真:ホーフブルク宮殿(オーストリア・ウィーン)

ギーゼラ・マリー皇女とは?

ギーゼラ・ルイーゼ・マリー(Gisela Louise Marie von Österreich/1856–1932)は、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの第2皇女。

ルドルフ皇太子とマリー・ヴァレリーの姉にあたる。比較的若い16歳での結婚だったため、母エリーザベトは「16歳で結婚は早すぎる」と夫フランツ・ヨーゼフ1世に母として親心を見せる一幕もあったという。

オペレッタ完成前に亡くなったシュトラウス2世

なお、1899年初演の同名のオペレッタ『ウィーン気質(Wiener Blut)』は、カール劇場のフランツ・ヤウナー(Franz Jauner)がヨハン・シュトラウス2世に製作を依頼した作品。

このオペレッタのために新たに書き下ろされた曲はなく、過去のシュトラウス2世の作品が寄せ集めて用いられている。完成前にシュトラウス2世は亡くなり、残りはアドルフ・ミュラー(Adolf Müller)が跡を引き継ぎ完成までこじつけたという。

【試聴】ウィーン気質 Wiener Blut Op. 354

ワルツ王 ヨハン・シュトラウス特集へ