泉の水を求める鹿のように
Sicut cervus desiderat

パレストリーナ(Giovanni Pierluigi da Palestrina/1525-1594)

『泉の水を求める鹿のように』は、16世紀イタリアの音楽家パレストリーナによるモテット(声楽曲)。

パレストリーナは、教会のオルガン奏者を経て、ジュリア礼拝堂の楽長、システィーナ礼拝堂の聖歌隊歌手などを務めた人物。

少なくとも100以上のミサ曲、250以上のモテット(声楽曲)を初めとする数多くの教会音楽を作曲し、「教会音楽の父」と称されることもある。

【試聴】パレストリーナ 泉の水を求める鹿のように

【試聴】Palestrina - Sicut cervus

讃美歌・聖歌・天使のメロディへ

<歌詞・日本語訳(意訳)>

Sicut cervus desiderat
ad fontes aquarum
Ita desiderat anima
mea ad te Deus

泉の水を求める鹿のように
わが魂は神なる御身を慕い求める

関連ページ

『As the Deer 鹿のように』 ワーシップソング
鹿が谷川を慕いあえぐように わが魂も汝を慕いあえぐ