司祭ザドク Zadok the Priest

ヘンデル(George Frideric Handel/1685-1759)

『司祭ザドク』(Zadok the Priest/ザドク・ザ・プリースト)は、ヘンデル作曲『ジョージ2世の戴冠式アンセム』の第1曲。

1727年にロンドンのウエストミンスター寺院(下写真)で挙行されたジョージ2世の戴冠式のために作曲された。

ウエストミンスター寺院

その後の歴代の王の戴冠式でも演奏され、4曲全てが奏されることは少ないが、『司祭ザドク』はイギリスの戴冠式では必ず演奏される。

ちなみに、司祭ザドクとは『旧約聖書』『列王記』に登場する人物で、ソロモン王に香油を注いだ人物とされる。

【試聴】司祭ザドク Zadok the Priest

歌詞の意味・日本語訳

Zadok, the Priest
and Nathan, the Prophet
anointed Solomon King.
And all the people rejoic'd, and said:
'God save The King, long live The King,
may The King live for ever!
Amen, Hallelujah!'

司祭ザドクと預言者ナタンは
ソロモン王を聖別せり
すべての民は喜び讃えり
「神よ王を守りたまえ、王よ永らえたまえ」
御世よ永遠なれ!
アーメン、ハレルヤ!

UEFAチャンピオンズリーグ賛歌にも

ヨーロッパサッカー連盟主催・UEFAチャンピオンズリーグのテーマ曲である『UEFAチャンピオンズリーグ賛歌』は、トニー・ブリテンによる『司祭ザドク』のアレンジ版。

試合前の選手入場と試合後の選手退場の際にも流れ、本曲はイギリスのみならずヨーロッパではよく知られた作品になっている。

関連ページ

ヘンデルの有名な曲・代表曲
『私を泣かせてください』、『オンブラ・マイ・フ』、『サラバンド』など、イギリスに帰化した作曲家ヘンデルの有名な曲・代表曲
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴