水上の音楽 Water Music

ヘンデル(George Frideric Handel/1685-1759)

『水上の音楽(Water Music)』は、ヘンデル作曲の管弦楽曲集。フランス風序曲形式による序曲と、舞曲形式を主とする楽章からなり、ヘンデルの代表的な管弦楽作品の一つとして知られる。

ドイツのハノーファー選帝侯を怒らせた?

ヘンデルは、ドイツのハノーファー選帝侯の宮廷楽長の地位にありながら、帰国命令に従わず外遊先のロンドンに定住していた。ところが、1714年にそのハノーファー選帝侯がイギリス王ジョージ1世として迎えられることになる。

この曲は、ヘンデルが王との和解を図るため、1715年のテムズ川での王の舟遊びの際に演奏したという伝説が残されているが、真偽のほどは定かではない。

ヘンデル『水上の音楽』のCDを探す

【視聴】 ヘンデル「水上の音楽」より「アリア」

【視聴】 水上の音楽 Water Music

関連ページ

ヘンデルの有名な曲・代表曲
『私を泣かせてください』、『オンブラ・マイ・フ』、『サラバンド』など、イギリスに帰化した作曲家ヘンデルの有名な曲・代表曲
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴