私を泣かせてください(涙の流れるままに)

ヘンデル オペラ「リナルド Rinaldo」第2幕より

『私を泣かせてください Lascia ch'io pianga(ラシャ・キオ・ピアンガ)』は、ヘンデル作曲のオペラ「リナルド Rinaldo」第2幕に登場する有名なアリア。

曲名は『涙の流れるままに(流るるままに)』との表記も見られる。

泣きそうな女の子

敵の魔術師に捕らわれた女性アルミレーナが恋人を想って自分の悲運を嘆くシーンで歌われる。オペラのあらすじ・ストーリーは後述する。

【試聴】私を泣かせてください 歌劇「リナルド」 中丸三千繪

歌詞の意味・日本語訳(意訳)

Lascia ch'io pianga mia cruda sorte,
e che sospiri la liberta.

私を一人で泣かせてください 残酷な運命に
溜息をつかせてください 失われた自由に

Il duolo infranga queste ritorte
de' mei martiri sol per pieta.

私の悲しみの鎖を打ち砕くは 哀れみだけ

オペラ「リナルド」とは?

オペラ「リナルド(RINALDO)」は、ヘンデルがロンドンにやってきて最初に発表したイタリアオペラ。

初演は1711年2月にロンドンのヘイマーケットにある女王劇場で行われ大成功を収めた。

ジャコモ・ロッシ(Giacomo Rossi)による台本で、タッソー(Torquato Tasso)の「解放されたエルサレム」(Gerusalemme liberata/Jerusalem Delivered)が原作となっている。

剣士リナルドとアルミレーナ 翻弄される二人の恋

オペラ「リナルド」の舞台はエルサレムを包囲している十字軍のキャンプ。勇敢な騎士リナルドは、十字軍の総司令官ゴッフレード(Goffredo)の娘アルミレーナと恋に落ちていた。

第1回十字軍

挿絵:第1回十字軍(出典:Wikipedia)

エルサレムを見事攻め落としたら、アルミレーナとの結婚を認めてもらえる約束だった。

ある日アルミレーナとリナルドが愛を確かめ合っていたところ、エルサレムの王アルガンテ(Argante)の妻アルミーダが二人の前に現れ、魔術を使ってアルミレーナを奪い去ってしまう。

私を一人で泣かせてください この無慈悲な運命に

捕らわれたアルミレーナは、その若さと美しさから、エルサレムの王アルガンテに執拗に迫られていた。アルガンテは、アルミレーナのためにアルミーダの魔術を解いてもよいとさえ言い出す始末だった。

恋するリナルドと引き裂かれ幽閉されてしまったアルミレーナ。自分の哀れな境遇をただ嘆き悲しむばかり。そんな耐え難い悲しみを分かろうともせず、執拗に迫ってくるアルガンテに対して、アルミレーナは私を一人にしてと言い放つのだった。

リナルドに迫る魔術師アルミーダの誘惑

リナルドは、味方の魔術師の助けを借りるために旅立った。その途中でアルミレーナの使いと称する美しい女性が現れる。リナルドはアルミーダの城に案内されるが、これはアルミーダの罠だった。

リナルドとアルミーダ フランソワ・ブーシェ

挿絵:リナルドとアルミーダ(作:フランソワ・ブーシェ)出典:Wikipedia

リナルドに密かな恋心を抱いていたアルミーダ。捕らわれたリナルドを前に、魔術でアルミレーナの姿に変身して彼の気を引こうとする。一旦は本物の彼女アルミレーナだと信じ込んだリナルドだったが、すぐにそれが偽者だと見破る。

救出に向かうゴッフレードと仲間の魔術師

捕らわれたリナルドとアルミレーナを救出すべく、ゴッフレードと彼の弟エウスターツィオは味方の魔術師の元へたどり着いた。そこで敵の宮殿の場所を教えてもらい、授かった特別な魔法の杖で敵の邪悪な魔術に対抗することを決意。

敵の宮殿に到着した彼らは、魔法の杖で宮殿の門を攻撃すると、たちまち邪悪な魔法は解け、宮殿は消え去った。追い詰められたアルミーダはアルミレーナに剣で襲い掛かり、守ろうとしたリナルドを魔法で拘束する。

リナルドとアルミーダの一騎打ち

そこへゴッフレード達が駆けつけて魔法の杖を振りかざすと、リナルドの拘束は解けた。動けるようになったリナルドがすかさず攻撃すると、アルミーダは魔術で消え去ってしまう。

結局戦いはゴッフレード十字軍の勝利に終わった。エルサレム王アルガンテと妻アルミーダは捕らえられ、キリスト教に回心した。無事に再会したリナルドとアルミレーナは、めでたく結ばれたのだった。

関連ページ

ヘンデルの有名な曲・代表曲
『私を泣かせてください』、『オンブラ・マイ・フ』、『サラバンド』など、イギリスに帰化した作曲家ヘンデルの有名な曲・代表曲
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴