メサイア 第3部

ヘンデル(George Frideric Handel/1685-1759)

ヘンデル『メサイア』第3部は、救世主(メシア)の「復活への信仰」、「永遠の生命」、「死に対する勝利」、そしてイエス・キリストへの賛歌(アーメン)を歌い上げる全8曲から構成されている。

第1部からの通しの曲数で言えば第40曲から第47曲となり、冒頭の第40曲『I know that my Redeemer liveth わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる』(アリア/ソプラノ)は、ロンドンの『ウェストミンスターの鐘』のルーツとして言及される。

参照:学校のチャイム 作曲者は誰?

ラファエロ作「キリストの変容(主イエスの変容)」

このページでは、ヘンデル『メサイア』第3部から、ロンドンの『ウェストミンスターの鐘』と関連するという第40曲についてクローズアップすることとしたい。

I know that my Redeemer liveth
わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる

ヘンデル『メサイア』の歌詞は、預言書を中心とした聖書から採られている。

第3部冒頭の第40曲『I know that my Redeemer liveth わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる』では、旧約聖書のヨブ記、新約聖書の書簡の一つ「コリントの信徒への手紙」から歌詞が転用されている。

【視聴】I Know That My Redeemer Liveth

I know that my Redeemer liveth,
and that He shall stand at the latter day upon the earth:

わたしは知っている。わたしを贖う方は生きておられ、
いには地の上に立たれるであろうことを。
ヨブ記 19:25

And though ... worms destroy this body,
yet in my flesh shall I see God.

またこの肉体が蝕まれようとも、
わたしはこの身をもって神を仰ぎ見るであろう。
ヨブ記 19:26

For now is Christ risen from the dead,
... the first fruits of them that sleep.

なぜならば、キリストは実際に死者の中から復活し、
眠りについている人たちの初穂となられたからだ。
コリントの信徒への手紙一 15:20

関連ページ

ヘンデル 有名な曲
イギリス(イングランド)で活躍したヘンデルの有名な曲・代表曲
ハレルヤ・コーラス
ヘンデル『メサイア』第2部より。合唱曲としても有名。
学校のチャイム 作曲者は誰?
『ウェストミンスターの鐘』の原曲と歌詞について