春に寄す To Spring

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg/1843-1907)

『春に寄す To Spring』は、グリーグ(グリーク)のピアノ曲集「抒情小曲集」第3集(作品43)第6曲。

グリーグの作品中で最もよく知られる名曲の一つ。の息吹と自然の美しい情景が目に浮かぶような抒情的な作品。

デンマークへ旅行中ホームシックになり、祖国ノルウェーの美しく雄大な自然を讃えるべく作曲したという。

【試聴】グリーグ『春に寄す』

関連ページ

グリーグの有名な曲・代表曲
『ピアノ協奏曲イ短調』、組曲『ペール・ギュント』など、数多くのピアノ小品を残し、「北欧のショパン」とも称されるノルウェーの作曲家グリーグの有名な曲まとめ。
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画まとめ

楽譜

A Woman Called Moses モーゼと呼ばれた女性
【楽譜】 標準版グリーグ 抒情小曲集 1
グリーグ「叙情小曲集」 第1集(作品12)から第5集(作品54)まで。『春に寄す』、『ちょうちょう』、『孤独なさすらい人』、『羊飼いの少年』など収録。
A Woman Called Moses モーゼと呼ばれた女性
【楽譜】 グリーグ ピアノ名曲集 (1)
グリーグ「叙情小曲集」 から有名な曲をピックアップ。『春に寄す』、『ちょうちょう』、『トロルドハウゲンの婚礼の日』、『孤独なさすらい人』、『こびとのマーチ』など収録。