ピアノ協奏曲第1番(フランツ・リスト)

フランツ・リスト(Franz Liszt/1811-1886)

リスト:ピアノ協奏曲第1&2番

『ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調』は、フランツ・リストが1830年代から1856年にかけて作曲したピアノ協奏曲。初演は1855年。

第3楽章でトライアングルが活躍することから、エドゥアルト・ハンスリックに「トライアングル協奏曲」と揶揄されたことで知られる。

作品は全曲を通じて連続して演奏される。バルトーク・ベーラは本作について「循環形式によるソナタ形式を初めて完全に実現させた作品」と述べている。

リスト:ピアノ協奏曲第1番&第2番演奏: シフラ(ジョルジ),、パリ管弦楽団。指揮は息子。「リストの再来」と言われたシフラの妙技が堪能できる。

【試聴】フランツ・リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調

【試聴】Liszt, Piano Concerto No. 1 Martha Argerich

リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調

【楽譜】  リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調楽譜: 120ページ
出版社: 全音楽譜出版社; 四六版版 (2007/8/10)

関連ページ

フランツ・リストの有名な曲
『愛の夢 第3番』、『ラ・カンパネラ』、『超絶技巧練習曲』など、フランツ・リストの有名な曲 解説・YouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲
ショパン、モーツァルト、バッハ、ベートーヴェン、シューベルトなど、有名なクラシック音楽の名曲特集