カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲

マスカーニ(Pietro Mascagni/1863-1945)

『カヴァレリア・ルスティカーナ Cavalleria Rusticana』は、マスカーニによる1890年初演の歌劇。タイトルは「田舎の騎士道」を意味する。

劇中で演奏される楽曲の中でも『間奏曲』が特に有名で、単独での演奏機会も多い。

その美しい旋律には後に歌詞が付けられ、『マスカーニのアヴェマリア』としても広くられている。

原作は、1880年に出版されたイタリア人小説家ジョヴァンニ・ヴェルガによる同名の小説及び戯曲による。

物語では、兵役帰りの若く貧しい男トゥリッドゥと、彼の元許婚者であった人妻ローラとの男女関係の成行、そしてローラの亭主アルフィオとの決闘が描かれる。

オペラ間奏曲集

オペラ間奏曲集

指揮:カラヤン、演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【試聴】歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲

【試聴】ピアノソロ版 Cavalleria rusticana "Intermezzo"

マスカーニ : 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

指揮:カラヤン、演奏:ミラノ・スカラ座管弦楽団

『マスカーニのアヴェマリア』へ