ユーモレスク第7番

ドヴォルザーク(Anton Dvorak/1841-1904)

『ユーモレスク第7番 Humoresques』は、ドヴォルザーク(ドボルザーク)による1894年のピアノ独奏曲(作品101, B.187)全8曲中の1曲。

後に、オーストリア出身の世界的ヴァイオリニスト フリッツ・クライスラー(Fritz Kreisler/1875-1962)によってヴァイオリン独奏曲にアレンジされ、有名になった。

【試聴】ユーモレスク 第7番

熱狂的な鉄道オタクだった?

ドヴォルザークは熱狂的な鉄道オタクとして有名。ユーモレスクの曲想も汽車に揺られながら思い付いたものだという。

作曲の合間をぬって鉄道模型を作ったり、町の操車場に出かけ何時間も機関車を眺めていたりと、鉄道に対する思い入れは並々ならぬものだったようだ。

こんなエピソードもある。ドヴォルザークは毎日同じ鉄道を利用しており、その列車が奏でる走行音を楽しんでいた。

しかしある日、いつもと微妙に違う走行音が聞こえたため、ドヴォルザークが車掌にその旨を伝えたところ、車両から故障個所が見つかったという。

彼が鉄道ファンであることと、音楽家としての鋭い聴力が列車事故を防いだのだ。本当ならば、すごい話だ。

関連ページ

ドヴォルザーク(ドボルザーク)有名な曲
交響曲第9番 『新世界より』、スラヴ舞曲、ユーモレスクなど、ドヴォルザーク(ドボルザーク)の有名な曲特集