喜びの島

クロード・ドビュッシー(Claude Achille Debussy/1862-1918)

『喜びの島 L'Isle joyeuse』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーによって1904年に作曲されたピアノ独奏曲。

装飾音やリズムの変化といった技巧を駆使して、きらめくように豊かな色彩の細やかな音を連ね、幻想的な愛の歓びを描き出している。

ギリシャのシテール島(キティラ島)

当初は「月の光」で有名な『ベルガマスク組曲』の1曲になる予定だったが、出版社の都合上、一つの独立した曲として世に出ることとなったようだ。

上写真:ギリシャのシテール島(キティラ島)

【試聴】ドビュッシー 喜びの島

喜びの島ってどこの島?モデルは?

この曲は、ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの作品「シテール島への船出」の影響を受けているという。シテール島(キティラ島)は、エーゲ海、クレタ島の北西にある島で、神話では愛の女神ヴィーナス(アフロディーテ)の島とされている。

シテール島のアヴレモナス村

写真:シテール島のアヴレモナス村(Avlemonas)

一説によれば、『喜びの島 L'Isle joyeuse』には、ドビュッシーがバルダック夫人と婚前旅行へ出かけたイギリスのジャージー島での愛の日々が反映されているとの指摘もあるが、定かではないようだ。

関連ページ

ドビュッシーの有名な曲・代表曲
『月の光』、『亜麻色の髪の乙女』、『二つのアラベスク』など、フランスの作曲家ドビュッシーを代表する有名な曲の解説と視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴