交響曲第3番(ブラームス)

ブラームス/Symphony No. 3 in F major, Op.90

バーンスタイン/ブラームス交響曲第3番ヘ長調作品90 [DVD]
バーンスタイン/ブラームス交響曲第3番ヘ長調作品90 [DVD]

『交響曲第3番 (ブラームス)』は、ヨハネス・ブラームスの交響曲第3番ヘ長調(作品90)。ブラームスの交響曲の中では演奏時間が最も短く、新鮮かつ明快な曲想で知られる。

1883年12月2日、ハンス・リヒターの指揮により、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会で初演された。結果は大成功で、ブラームスは再三カーテンコールを受けた。

第3楽章のメロディーは、1961年の米仏合作映画『Goodbye Again(さよならをもう一度)』で使用されたほか、フランク・シナトラ『Take My Love』としてポップスにもなっている。

【試聴】ブラームス 交響曲第3番第3楽章

関連ページ

ブラームスの有名な曲・代表曲
『交響曲第1番』、『大学祝典序曲』、『愛のワルツ』など、19世紀ドイツの作曲家ブラームスを代表する曲・有名な曲の解説と視聴