皇帝 ピアノ協奏曲第5番

ベートーヴェン/Emperor Concerto, Op. 73

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第5番

ピアノ協奏曲第5番「皇帝」作品73は、ベートーヴェン(ベートーベン)作曲による協奏曲。

3楽章から成り、第2楽章と第3楽章は続けて演奏される。ベートーヴェンのピアノ協奏曲では演奏時間・編成ともに最大の規模を誇る。

ナポレオンがウィーンを占領し、ウィーン中が混乱に陥った1809年頃に作曲が開始されたといわれる。

「皇帝(エンペラー)」という別名は、ベートーヴェン自身によりつけられたものではない。命名した人物・由来については確かな記録は残されていないようだ。

有名なクラシック音楽・名曲・代表曲

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
個性派グルダが残した正統的なベートーヴェン録音。協奏曲&ソナタ全集から「皇帝」と「テンペスト」をカップリング。歴史に残る名曲を名演奏で。

【試聴】Rubinstein plays Beethoven "Emperor" Piano Concerto No.5, Op.73

【試聴】Glenn Gould - Beethoven's "Emperor" Concerto

歌謡曲『上を向いて歩こう』に似てる?

余談だが、ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番 皇帝』第1楽章の一部のメロディ(第1主題)については、1961年にリリースされた日本の大ヒット歌謡曲『上を向いて歩こう』の冒頭のメロディに似ているとの指摘があるようだ。

こうしたクラシック音楽と歌謡曲との偶然の一致については、こちらの特集ページ「元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室」でまとめているので是非お立ち寄りいただきたい。

関連ページ

ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴