イエスタデイ Yesterday 歌詞の和訳・意味

マッカートニーが14歳の時に死去した母への想いを綴ったバラード

『Yesterday』(イエスタデイ)は、1965年8月にリリースされたビートルズの楽曲。弦楽四重奏をバックにしたアコースティック・バラード。

レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニー単独で書いた楽曲。

世界中のミュージシャンにカバーされ、「世界で最も多くカバーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。

THE BEATLES 赤盤 1962 1966

ジャケット写真:THE BEATLES 赤盤『Yesterday』収録

日本の中学校・高等学校では、『ヘイ・ジュード』と共に音楽教科書に掲載され音楽教材として用いられている。

歌詞の内容については、ウィキペディアでは次のように解説されている。歌詞の和訳・意味については後掲する。

歌詞の内容から「自分の元を黙って離れて行った恋人を歌った曲」と解釈されていたが、マッカートニーは僕が14歳の時に乳癌で死去した母への想いを歌った曲と2001年に述べている。

【YouTube】Yesterday (Remastered 2009)

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Yesterday』

作詞・作曲:Lennon–McCartney

Yesterday, all my troubles
seemed so far away
Now it looks as though
they're here to stay
oh, I believe in yesterday

昨日は 遥か遠くにあった悩みが
今は ここにあるかのようだ
ああ 僕は昨日を信じてる

Suddenly I'm not half the man I used to be
There's a shadow hanging over me
Oh, yesterday came suddenly

突然 以前の自分ではなくなって
僕は影に覆われてる
ああ 昨日突然やって来た

Why she had to go?
I don't know, she wouldn't say
I said something wrong
Now I long for yesterday.

なぜ彼女は行かなければならなかった?
僕には分からない 言ってくれなかった
僕は何か間違ったことを言ったのか
今となっては 昨日が恋しい

Yesterday love was such an easy game to play
Now I need a place to hide away
Oh, I believe in yesterday.

昨日までは 愛なんて簡単なゲームだった
今僕は 姿を隠してしまいたい
ああ 僕は昨日を信じてる

Why she had to go?
I don't know, she wouldn't say
I said something wrong
Now I long for yesterday.

なぜ彼女は行かなければならなかった?
僕には分からない 言ってくれなかった
僕は何か間違ったことを言ったのか
今となっては 昨日が恋しい

Yesterday love was such an easy game to play
Now I need a place to hide away
Oh, I believe in yesterday...

昨日までは 愛なんて簡単なゲームだった
今僕は 姿を隠してしまいたい
ああ 僕は昨日を信じてる

関連ページ

レット・イット・ビー Let It Be
ポール・マッカートニーの亡き母メアリーが夢枕に現れ残した言葉
ヘイ・ジュード Hey Jude
当時5歳のジュリアン・レノンを慰めるために書かれたバラード
イマジン Imagine
オノ・ヨーコの詩集にヒントを得たジョン・レノンの代表曲
ゲット・バック Get Back
「ジョジョの奇妙な冒険」キャラ名のネタ元とされるビートルズの楽曲
オブラディ・オブラダ Ob-La-Di, Ob-La-Da
ジャマイカの音楽スカに影響を受けたポール・マッカートニーの楽曲
オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ All You Need Is Love
ヒッピー隆盛期の1967年夏にリリースされたジョン・レノンの楽曲
ビートルズ The Beatles 歌詞の意味・和訳
20世紀音楽を代表するビートルズの代表曲 歌詞の和訳・曲の解説
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲 歌詞の意味・和訳