ゲット・バック Get Back 歌詞の意味・和訳

「ジョジョの奇妙な冒険」キャラ名のネタ元とされるビートルズの楽曲

『Get Back』(ゲット・バック)は、1969年4月にシングル盤として発売されたビートルズの楽曲。

当時、メンバー間の軋轢・不和が深刻な状況にあった。これを危惧したマッカートニーが「もう一度原点に戻ってやり直そう」とメンバーに呼びかけ「ゲット・バック・セッション」がスタート。こうした中で『Get Back』は作曲された。

歌詞に登場する「ジョジョ(Jojo)」とは、ジョン・レノンを暗示しているとされる。荒木飛呂彦による漫画作品「ジョジョの奇妙な冒険」の「ジョジョ」もこの歌詞がネタ元(本人談)。

ビートルズ Get Back Blu-ray コレクターズ・セット

写真:Get Back Blu-ray コレクターズ・セット 2022/4/20発売

同じく歌詞に登場する「ロレッタ(Loretta)」については、オノ・ヨーコを暗に示しているとの解釈もネットでは見られる。

ウィキペディアによれば、ポールがサビの歌詞「Get back to where you once belonged」を歌うときにヨーコの方を見ていたと、ジョン・レノンがインタビューに答えたとされている。ポールは何を思いながらヨーコを見て歌っていたのか、それともジョン・レノンがそう感じただけだったのか、非常に意味深だ。

【YouTube】 Get Back (Remastered 2009)

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Get Back』

作詞・作曲:レノン=マッカートニー(Lennon–McCartney)

Jojo was a man who thought he was a loner
But he knew it couldn’t last

Jojo left his home in Tucson, Arizona
For some California grass

ジョジョは思ってた
自分は一匹狼だって
でも分かってた
それは長く続かないって

ジョジョは故郷を後にした
アリゾナのツーソンから
カリフォルニアの「草」を求めて

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back Jojo

Go home

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい ジョジョ

故郷に帰るんだ

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back Jo

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってくるんだ ジョー

Sweet Loretta Martin thought
She was a woman
But she was another man

All the girls around her say
She’s got it coming
But she gets it while she can

可愛いロレッタ・マーティン
自分を女と思ってるけど
実は男だったのさ

まわりの娘達はみんな
女の子だって言ってるけど
そう見えている間だけさ

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back Loretta

Go home

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってくるんだ ロレッタ

故郷に帰るんだ

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

Your mother’s waiting for you
Wearing her high-heel shoes
And her low-neck sweater
Get back Loretta

Go home

お母さんが待ってるぞ
ハイヒールを履いて
ローネックのセーターを着て
戻ってこいよ ロレッタ

故郷に帰るんだ

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

Get back, get back
Get back to where
You once belonged

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

戻ってこい
戻ってこいよ
かつてお前がいた場所に

カリフォルニアの草

歌詞にある「カリフォルニアの草(California grass)」については、マリファナ(大麻)の暗喩との解釈がある。

カリフォルニア州サンフランシスコは、当時ヒッピー文化の中心地として爆発的な盛り上がりを見せており、そこで「草」といえば、十中八九そういうことになるのだろう。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコは、マリファナをはじめとする様々な薬物に中毒状態であったとされる。ビートルズに限らず、当時の世界的アーティストらは程度の差こそあれ皆こうした傾向にあり、それが時代の流行であり象徴だった。

ちなみに、自由の聖地カリフォルニアへの旅立ちを暗示したポピュラーソングとしては、『YMCA』で有名なヴィレッジ・ピープル(Village People)が1979年にリリースしたヒット曲『Go West』(ゴーウエスト)が有名。サンフランシスコはゲイのユートピアでもあった。

関連ページ

レット・イット・ビー Let It Be
ポール・マッカートニーの亡き母メアリーが夢枕に現れ残した言葉
ヘイ・ジュード Hey Jude
当時5歳のジュリアン・レノンを慰めるために書かれたバラード
イエスタデイ Yesterday
マッカートニーが14歳の時に死去した母への想いを綴ったバラード
イマジン Imagine
オノ・ヨーコの詩集にヒントを得たジョン・レノンの代表曲
オブラディ・オブラダ Ob-La-Di, Ob-La-Da
ジャマイカの音楽スカに影響を受けたポール・マッカートニーの楽曲
ビートルズ The Beatles 歌詞の意味・和訳
20世紀音楽を代表するビートルズの代表曲 歌詞の和訳・曲の解説
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲 歌詞の意味・和訳