新・仁義なき戦いのテーマ 布袋寅泰

プロ野球日本代表・侍ジャパン WBC番組テーマ曲(テレ朝系)

新・仁義なき戦いのテーマ』は、2000年公開の日本映画「新・仁義なき戦い」テーマソングとして布袋寅泰が作曲した楽曲。同映画には布袋寅泰も俳優として重要な役で出演している。

曲名については、正式には英語のタイトル「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」(バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティー)が使われる。意味は「仁義なき戦い」(英語訳)。

布袋寅泰 ベストアルバム(3枚組)

ジャケット写真:布袋寅泰 ベストアルバム(3枚組)

【YouTube】映画「新・仁義なき戦い」テーマ曲シーン

映画「キル・ビル」テーマ曲に

2003年に公開されたタランティーノ監督の映画「キル・ビル(Kill Bill)」では、テーマ曲として同曲が用いられた。

映画で曲を使うオファーが来た際、布袋は新曲書き下ろしを提案したが、「仁義なき戦い」を敬愛するタランティーノは同曲の使用に強くこだわったという。

映画「キル・ビル(Kill Bill)」

ジャケット写真:映画「キル・ビル(Kill Bill)

【YouTube】映画「キル・ビル(Kill Bill)」テーマ曲使用シーン

侍ジャパンWBC番組テーマ曲

テレビ朝日系列のスポーツ番組やニュースのスポーツコーナーなどでは、侍ジャパンが出場する野球の世界一決定戦ワールド・ベースボール・クラシック(World Baseball Classic/WBC)に関連して、この『新・仁義なき戦いのテーマ』が番組BGMとして使われる。

ちなみにTBS系列のスポーツコーナーでは、WBCテーマ曲として、アメリカのロックバンド、ジャーニー(Journey)の楽曲『セパレイト・ウェイズ Separate Ways』が用いられている。

令和の時代でも人気の楽曲

2020年東京パラリンピック開会式では、アトラクションで布袋寅泰が出演し、自らの演奏で『新・仁義なき戦いのテーマ』を披露した。

2021年の第72回NHK紅白歌合戦では、布袋寅泰は白組で初出場を果たし、『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』をギターソロで演奏した後、『さらば青春の光』を歌唱した。

関連ページ

悲しき願い Don't Let Me Be Misunderstood
映画「キル・ビル」サントラで使われた。サンタ・エスメラルダによるフラメンコ風ディスコでリバイバルヒット 。
セパレイト・ウェイズ Separate Ways
TBS系列のスポーツコーナーにおけるWBCテーマ曲
高校野球・プロ野球の有名な曲・応援歌
『栄冠は君に輝く』、『燃えよドラゴンズ』、『六甲おろし』など、野球関連の有名な曲・応援歌・球団歌まとめ
映画主題歌・挿入歌 歌詞の意味・和訳
日本でも有名な映画主題歌、劇中歌、挿入歌、エンディング曲など、英語の歌詞の意味・和訳、解説まとめ