オー・ハッピー・ディ Oh Happy Day 歌詞と和訳

映画「天使にラブソングを2」で注目を集めたゴスペル・ソング

『Oh Happy Day』(オー・ハッピー・ディ)は、エドウィン・ホーキンズ・シンガーズが1969年4月に発表したゴスペル・ソング。

18世紀に作曲された讃美歌『O happy day, that fixed my choice』に基づいている。

1993年公開のアメリカ映画「天使にラブソングを2」(SISTERS ACT 2)では、『Oh Happy Day』が劇中歌としてクローズアップされ注目を集めた。

天使にラブ・ソングを… ブルーレイ 2ムービー・コレクション

ジャケット写真:天使にラブ・ソングを… ブルーレイ 2ムービー・コレクション

なお、同作では他にもゴスペルソング『ジョイフルジョイフル Joyful Joyful』が劇中の重要な場面で歌われている。

【YouTube】オーハッピーデイ Oh Happy Day

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Oh Happy Day』

作詞・作曲:エドウィン・ホーキンズ(Edwin Hawkins)

Oh, happy day
When Jesus washed
He washed my sins away
Oh, happy day

おお、幸せなる日
神が私の罪を清めてくれた
おお、幸せなる日

He taught me how to wash
Fight and pray, fight and pray
And live rejoicing day
Free day, every day

神は教えてくれた
どのように罪を清めるのかを
生きる術を 祈りを
そして喜びに満ちた日を
自由な日々を

関連ページ

ヘイル・ホーリークイーン
映画「天使にラブソングを」挿入歌。『サルヴェ・レジーナ』とも。
アイ・ウィル・フォロー・ヒム I Will Follow Him
映画「天使にラブ・ソングを」ゴスペル風アレンジが有名に
ジョイフルジョイフル
ゴスペルとしても有名。メロディはベートーヴェン第9第4楽章。
有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌の解説と視聴