Somebody to Love 歌詞の意味 和訳 クイーン

ゴスペル音楽とアレサ・フランクリンを意識したクイーンの代表曲

『Somebody to Love』(サムバディ・トゥ・ラヴ)は、イギリスのロックバンド、クイーン(Queen)が 1976年にリリースした楽曲。邦題は『愛にすべてを』。

多重録音による重厚なコーラスは、まるでキリスト教の聖歌隊ゴスペル・クワイア。これは決して偶然の一致ではなく、ゴスペル音楽のコーラスのような重厚感を十分に意識した演出。クイーン Queen ベスト盤

ジャケット写真:クイーン グレイテスト・ヒッツ

【YouTube】 Queen - Somebody To Love

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Somebody to Love』

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

Can anybody find me
Somebody to love?

誰か僕に見つけてくれないか
愛すべき人を

Ooh, each morning I get up I die a little
Can barely stand on my feet

(Take a look at yourself)
Take a look in the mirror and cry
Lord, what you're doing to me? (Yeah, yeah)

毎朝僕は起きて 少しずつ死んでる
自分の足でなんとか立ってる

(鏡の中の君自身をごらん)
鏡に写る自分を見て 泣いている
主よ 私に何をなさるのですか?

I have spent all my years in believin' you
But I just can't get no relief, Lord

僕はこれまでずっと
あなたを信じて生きてきた
でも何も救われない 主よ

Somebody (Somebody)
Ooh, somebody (Somebody)
Can anybody find me
Somebody to love?

誰か ああ誰か
誰か僕に見つけてくれ
愛すべき人を

I work hard (He works hard)
Every day of my life
I work till I ache my bones

僕は懸命に働いてる
僕の人生で毎日
僕は働いてる 骨が痛むまで

At the end (At the end of the day) I take home
My hard-earned pay all on my own
(Goes home, goes home on his own)

一日の終わりに帰宅する
自分の力で懸命に稼いだ給料

I get down (Down) on my knees (Knees)
And I start to pray (Praise the Lord)
Till the tears run down from my eyes, Lord

僕はひざまずいて 祈り始める
僕の目から涙が流れ落ちるまで 主よ

Somebody (Somebody)
Ooh, somebody (Please)
Can anybody find me
Somebody to love?

誰か ああ誰かを
誰か僕に見つけてくれ
愛すべき人を

(He works hard) everyday (Everyday)
I try and I try and I try

毎日懸命に働いてる
僕は努力して 努力して 努力してる

But everybody wants to put me down
They say I'm going crazy

でもみんな僕を抑えつけたがる
みんな言うんだ 僕は狂ってるって

They say I got a lot of water in my brain
I got no common sense
(He's got) I got nobody left to believe

みんな言うんだ
僕は頭に水がたまってるって
僕は常識が無いって
もう誰も信じられない

(Ooh, ooh, ooh, Lord)
Ooh, somebody
Ooh (Somebody)
Anybody find me
Somebody to love
Can anybody find me
Someone to love?

誰か ああ誰かを
誰か僕に見つけてくれ
愛すべき人を
誰か僕に見つけられるかい
愛すべき人を

Got no feel, I got no rhythm
I just keep losing my beat
(You just keep losing and losing)

何も感じない 何も聞こえない
鼓動さえ失い続けている

I'm okay, I'm alright (He's alright, he's alright)
I ain't gonna face no defeat (Yeah, yeah)

僕は大丈夫 大丈夫さ
僕は負けるつもりはない

I just gotta get out of this prison cell
(One day) Someday I'm gonna be free, Lord

この牢獄から抜け出してやる
いつか僕は自由になるんだ 主よ

Find me somebody to love
Find me somebody to love

僕に探してくれ 愛すべき人を
僕に探してくれ 愛すべき人を

<以下、繰り返しのため省略>

クイーンのドラマーによるコメント

クイーンのファンサイト「queenpedia.com」によれば、クイーンのドラマーであるロジャー・テイラー(Roger Taylor/1949- )による次のようなコメントが残されている。

'Somebody To Love' is Aretha Franklin-influenced. Freddie's very much into that. We tried to keep the track in a loose, gospel-type feel. I think it's the loosest track we've ever done.

このコメントによれば、『Somebody To Love』は、ソウルの女王(クイーン・オブ・ソウル)と賞賛されるアレサ・フランクリン(Aretha Franklin/1942-2018)の影響を受けているという。

フレディ・マーキュリーも同曲にとても力を入れており、収録に当たってはゴスペル音楽のような緩い感じが意識されていたようだ。

ジャケット写真:ベリー・ベスト・オブ・アレサ・フランクリン VOL.1

影響を与えたゴスペル曲名は?

『Somebody To Love』に影響を与えた具体的なゴスペル音楽の作品があるとすれば、それはどんな楽曲だろうか?

筆者の推測では、『イッツ・ミー・オー・ロード It's Me, Oh Lord』という古い黒人霊歌が大きな影響を与えているのではないかと考えている。

【YouTube】 It's me oh Lord!. Spiritual traditional.

歌詞の内容に関連性はないので、メロディの類似性を中心に聴いてみていただきたい。音感のある方であれば、すぐにいくつかの影響を見出すことが出来るだろう。

特に『Somebody To Love』の冒頭のアカペラパートや、その直後のピアノによるイントロ部分が、『イッツ・ミー・オー・ロード It's Me, Oh Lord』からの大きな影響が伺われる。

クイーン 代表曲

ボヘミアン・ラプソディ 歌詞の意味・和訳・解釈
オペラ・ロック・バラードをメドレーで組み合わせたクイーンの代表曲
ウィ・ウィル・ロック・ユー We Will Rock You
サッカー応援歌などスタジアムで歌われるクイーンの世界的ヒット曲
伝説のチャンピオン We Are the Champions
世界一だと思いあがってる?的外れな批判もあったクイーンの代表曲
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー I Was Born To Love You
テレビCMやドラマなど日本で人気が高いフレディ・マーキュリーの代表曲
ドント・ストップ・ミー・ナウ Don't Stop Me Now
テレビCMや映画などでよく使われるクイーンの代表曲

関連ページ

洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ
イッツ・ミー・オー・ロード It's Me, Oh Lord
クィーンの楽曲にも影響を与えた? ゴスペル伝統曲
ゴスペルソング 歌詞の意味・和訳
映画「天使にラブソングを」で注目を集めたキリスト教系アメリカ音楽
有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌まとめ