デスペラード Desperado 歌詞の意味・和訳

西部開拓時代のならず者をコンセプトとしたイーグルスの代表曲

『Desperado』(デスペラード)は、イーグルス(Eagles)が1973年に発表した楽曲。

邦題は『ならず者』。日本語としての「ならず者」の意味は、社会の枠組みから外れた厄介者、ごろつき、チンピラ、品行の悪い者などを指す。

同曲は、アメリカ西部開拓時代のならず者をテーマにしたコンセプト・アルバム「Desperado」(下ジャケット写真)に収録され、歌詞の中では当時活躍したカウボーイに関連する表現が見られる。

イーグルス アルバム「Desperado」

ジャケット写真:イーグルス アルバム「Desperado」

【YouTube】Desperado (2013 Remaster)

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Desperado』

作詞・作曲: ドン・ヘンリー(Don Henley)、グレン・フライ(Glenn Frey)

Desperado
Why don't you come to your senses?
You've been out ridin' fences
For so long now

ならず者よ
目を覚ましたらどうだ?
お前は自分の世界に閉じこもってる
長い間ずっと

Oh, you're a hard one
But I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow

ああ お前は頑固な奴だ
でも分かってる お前なりの理由があるって
お前が好きでやってる事が
どういうわけか お前を傷つけたりもする

Don't you draw the queen of diamonds, boy
She'll beat you if she's able
You know the queen of hearts
Is always your best bet

ダイヤのクィーンを引いてないか?
彼女はいつかお前を打ちのめす
分かってるだろ
ハートのクィーンが
いつだってお前の最高の手だ

Now it seems to me some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can't get

今俺にはこう見えてる
お前のテーブルの上には
素晴らしい物が並んでるのに
手に入らない物ばかり
お前は欲しがってる

Desperado
Oh, you ain't getting no younger
Your pain and your hunger
They're driving you home

ならず者よ
ああ お前はもう若くはなれない
お前の痛みと飢えは
故郷への思いを募らせてる

And freedom, oh, freedom
Well that's just some people talking
Your prison is walking
Through this world all alone

自由 自由と
人はよく言うが
この世界を一人で歩くなんて
牢獄にいるのと同じ事だ

Don't your feet get cold in the wintertime?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the nighttime from the day

冬に足が冷えてこないか?
雪が降らず 太陽も輝かなければ
昼か夜かも分からない

You're losing all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes
Away…

気持ちの浮き沈みを
お前はすべて失いかけてる
笑えないだろ
感情が失くなるなんて

Desperado
Why don't you come to your senses?
Come down from your fences
Open the gate

ならず者よ
目を覚ましたらどうだ?
閉じこもった世界から出てこいよ
扉を開けるんだ

It may be rainin'
But there's a rainbow above you
You better let somebody love you
(Let somebody love you)
You better let somebody love you
Before it's too late

雨が降るかもしれないが
お前の上には 虹がかかる
お前は誰かに愛された方がいい
お前は誰かに愛された方がいい
手遅れになる前に

ライド・フェンス(ride fence)とは?

歌詞の冒頭にある「ridin' fences」(ライディング・フェンスィズ)という英語のフレーズについて、若干補足してみたい。

Desperado
Why don't you come to your senses?
You've been out ridin' fences
For so long now

まず「fence(フェンス)」とは、北アメリカなどで見られる大規模な放牧場を囲む木製の柵(さく)のこと。放牧した牛などが逃げないように広範囲に設けられた柵。鉄条網も用いられる。

牧場と柵

「ride fence(ライド・フェンス)」とは、この柵が壊れていないか点検するために、カウボーイ(cowboy)が馬に乗って広大な敷地のフェンスを見回りすることを意味している。この意味では、「fence」は複数形「fences」が一般的。

このページにおける『Desperado』の歌詞和訳では、自分の殻に閉じこもる様子を暗に示すために、柵を見回りするカウボーイの仕事「ride fence(ライド・フェンス)」が暗喩として用いられていると解釈した。

なお、馬での見回りではなく、単に柵の上に腰かけている様子として解釈することもできる。

イーグルス ベスト盤

イーグルス ベスト盤

ジャケット写真:イーグルス ベスト盤

関連ページ

ホテル・カリフォルニア Hotel California
イーグルスの代表曲。ヒッピー文化が最盛期を迎えた1969年とカリフォルニアとの関係とは?
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ