プラウド・メアリー Proud Mary 歌詞の意味・和訳

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの代表曲

『Proud Mary』(プラウド・メアリー)は、アメリカのロックバンド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival/CCR)が1969年に発表した楽曲。

アメリカのソウルデュオ、アイク&ティナ・ターナー(Ike & Tina Turner)が1971年に同曲をカバーしヒットした。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル ベスト盤

ジャケット写真:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル ベスト盤

「Proud Mary」(プラウド・メアリー/誇り高きメアリー)という曲名については、当初は単なるメモ書きにすぎなかったが、後にミシシッピ川の蒸気船「メアリー・エリザベス」(Mary Elizabeth)とイメージを重ねて作曲された。

作曲者のジョン・フォガティは、実物のメアリー・エリザベスを見たことがなく、全くの想像で曲を書いたという。

ミシシッピ川を行く現代の蒸気船

写真:ミシシッピ川を行く現代の蒸気船(出典:Wikipedia)

【YouTube】Proud Mary - CCR

【YouTube】Tina Turner - Proud Mary

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Proud Mary』

作詞・作曲:ジョン・フォガティ(John Cameron Fogerty)

Left a good job in the city
Workin' for the man every night and day
And I never lost one minute of sleepin'
Worryin' 'bout the way things might have been

あの街での良い仕事を辞めた
人のために毎日昼夜働いてた
一分の寝る間を惜しんで
物事のあり方に悩みながら

Big wheel keep on turnin'
Proud Mary keep on burnin'
Rollin', rollin', rollin' on the river

大きな車輪は回り続ける
プラウド・メアリーは蒸気を上げて
川を進んで行く

Cleaned a lot of plates in Memphis
Pumped a lot of 'pane down in New Orleans
But I never saw the good side of the city
'Til I hitched a ride on a river boat queen

メンフィスでは皿洗い
ニューオリンズではガスの汲み出し
街の良い所なんて見たことなかった
川の船の女王に乗るまでは

<注:「'pane」は「Propane」(プロパンガス)の略>

Big wheel keep on turnin'
Proud Mary keep on burnin'
Rollin', rollin', rollin' on the river

大きな車輪は回り続ける
プラウド・メアリーは蒸気を上げて
川を進んで行く

If you come down to the river
Bet you gonna find some people who live
You don't have to worry cause you have no money
People on the river are happy to give

もし君があの川を下ってゆくなら
そこに住む人々にきっと出会うだろう
お金がなくたって心配はいらない
川に住む人々が 喜んで恵んでくれる

Big wheel keep on turnin'
Proud Mary keep on burnin'
Rollin', rollin', rollin' on the river
Rollin', rollin', rollin' on the river

大きな車輪は回り続ける
プラウド・メアリーは蒸気を上げて
川を進んで行く

関連ページ

洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ