ドリカム『LOVE LOVE LOVE』元ネタ・原曲は?

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室

『LOVE LOVE LOVE』(ラヴ・ラヴ・ラヴ)は、DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー/ドリカム)が1995年にリリースした18枚目のシングル。

DREAMS COME TRUEのシングル作品では最大のセールスを記録した大ヒット曲で、累計248.9万枚を売り上げた(オリコン調べ)。

DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

ジャケット写真:DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム

【YouTube】DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」

元ネタ・原曲?『落ち葉のコンチェルト』

ドリカム『LOVE LOVE LOVE』については、メロディの元ネタ・原曲・似てる曲として、アルバート・ハモンド『落ち葉のコンチェルト』に言及されることがある。似ているかどうかは人それぞれとして、簡単にご紹介したい。

『落ち葉のコンチェルト』は、イギリスのシンガーソングライター、アルバート・ハモンド(Albert Hammond/1944-)が1973年にリリースしたラブ・バラード。

原題は『For the Peace of All Mankind』(フォー・ザ・ピース・オブ・オール・マンカインド)。意味は「すべての人類に平和を」。

歌詞では、一人の美しい女性に心を奪われた男性が、愛するがゆえに彼女の存在自体に悩まされ、彼女を心から消そうと苦しみ、心の平穏を取り戻したいと嘆きもがく。

【YouTube】『落ち葉のコンチェルト』 For the Peace of All Mankind

関連ページ

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室
よく似た2曲の偶然の一致「そっくりメロディ」を集めるページ
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ