スーパースター Superstar 歌詞の意味・和訳

カーペンターズのカバーで世界的にヒットしたポピュラーソング

『Superstar』(スーパースター)は、アメリカの夫婦デュオ、デラニー&ボニー(Delaney & Bonnie)が1969年に発表した楽曲。

1971年にカーペンターズ(Carpenters)のカバーが世界的にヒットした。

カーペンターズ ベスト・セレクション40

ジャケット写真:カーペンターズ ベスト・セレクション

原曲の元のタイトルは「Groupie (Superstar)」。「Groupie(グルーピー)」とは、有名なロックバンドなどのメンバーと親密な関係を望む熱狂的な女性ファン(ときに男性)を意味する。日本でいう「追っかけ」よりも色々な意味で大胆。

歌詞では、有名なミュージシャン(ギタリスト)への恋心を募らせるグルーピーの切ない心情が描写されている。

ちなみに、グルーピーについては、2000年に公開されたアメリカ映画「あの頃ペニー・レインと」(原題: Almost Famous)で大きく取り上げられている(ペニー・レインはグルーピーの少女の名前)。アカデミー賞脚本賞受賞作品。

【YouTube】 Carpenters - Superstar

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Superstar』(by Carpenters)

作詞・作曲: レオン・ラッセル(Leon Russell)、ボニー・ブラムレット(Bonnie Bramlett)

<歌詞はカーペンダーズ版>

Long ago and oh so far away
I fell in love with you
Before the second show

ずっと前 遠い場所で
あなたに恋に落ちた
2度目のショーの前に

Your guitar, it sounds so sweet and clear
But you’re not really here
It’s just the radio

あなたのギターは
甘く澄んだ音色
でもあなたはここにいない
それはただのラジオの音

Don’t you remember
You told me you loved me baby

You said you’d be
Coming back this way again baby

Baby, baby, baby, baby, oh, baby
I love you, I really do

覚えてないの?
私を愛してるって言ってくれたこと

あなたは言ったのよ
また戻って来るって

ベイビー ベイビー
愛している 本当に

Loneliness is a such a sad affair
And I can hardly wait
To be with you again

孤独はこんなにも悲しい事
待ちきれないの
あなたにまた会えるのを

What to say to make you come again
Come back to me again
And play your sad guitar

何を言えば
あなたはまた来てくれるの
また戻って来て
哀しげなギターを聞かせて

Don’t you remember
You told me you loved me baby

You said you’d be
Coming back this way again baby

Baby, baby, baby, baby, oh, baby
I love you, I really do

覚えてないの?
私を愛してるって言ってくれたこと

あなたは言ったのよ
また戻って来るって

ベイビー ベイビー
愛している 本当に

関連ページ

トップ・オブ・ザ・ワールド
カーペンターズを代表する明るく爽やかなラブソング
遙かなる影 Close to You
カーペンターズにとって初のチャート1位を記録した楽曲
青春の輝き I Need To Be In Love
カレン・カーペンターが最も好んだ曲 野島伸司のドラマで大ヒット
イエスタデイ・ワンス・モア
日本におけるカーペンターズ最大のヒット曲
カーペンターズ Carpenters 歌詞と和訳
1970年代を中心に活躍した兄妹デュオ、カーペンターズ代表曲まとめ