私は誰だ? Who am I?

ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」劇中歌

『私は誰だ? Who am I?』は、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」で主人公のジャン・ヴァルジャン(バルジャン)が自問自答するシーンで歌われる劇中歌。

ジャベール警部から逃れ、身分を隠し事業に成功。人望を集め市長にまでなったジャン・ヴァルジャン。

だが自分と間違えられて捕えられた男の話を耳にすると、良心の呵責に堪えず『私は誰だ? Who am I?』と心の叫びを歌い始めた。

正体を隠すジャン・ヴァルジャン苦悩の叫び

心の中の悪魔が叫ぶ。これはまたとないチャンスだ。もし告白したら今までの努力は水の泡だ。

それに私には工場の労働者を食わせる義務がある。私がいなければ誰が彼らを食わせるんだ?

良心が答える。私は誰なんだ?無実の男を見捨ててもいいのか?死ぬまで嘘をつき続けるのか?

信頼してくれる人に合わせる顔がない。自分にもだ。神は生きる希望と勇気を与えてくださった。私の心は主のものなのだ。

Who am I?
Who am I?
I am Jean Valjean!
私は誰だ?
私は誰だ?
私はジャン・ヴァルジャンだ!

ジャン・ヴァルジャンの告白 Valjean's Confession

正体を明かし、再びジャベール警部から追われる身となったジャン・ヴァルジャン。ファンティーヌから託された娘コゼットを連れて1832年6月のパリで身をひそめる。

パリの町でコゼットは青年マリウス(マリユス)に一目惚れ。幾多の困難を乗り越えて結ばれた二人。自らの死期を悟った年老いたジャン・ヴァルジャンは、自分の過去について最後の告白をしようと、マリウスと二人だけの場所で、あるたとえ話を始めた。

そのたとえ話は、マリウスもコゼットも知らない「ジャン・ヴァルジャン」という男の話で、過去に過ちを犯し逃亡中の人物だという。しかも、その話はコゼットを傷つけ、その男がが捕まれば彼女は辱めを受けてしまう。

最初は笑顔で話を聞いていたマリウスだったが、次第に話の真意を悟り、表情がこわばっていく。そしてその話は残酷な結末へと突き進んでいった。

The time is come to journey on
And from this day he must be gone
Who am I?
Who am I?

旅立ちの時は来た
今日を最後に 彼は去らねばならない
私は誰だ?
私は誰だ?

すべてを悟ったマリウスは、呆然としながらも静かにその問いに答えた。

You're... Jean Valjean...
あなたが・・・ジャン・ヴァルジャン・・・

【YouTube】Les Miserables OST 2012 - Who Am I?

【YouTube】Valjean's Confession ジャン・ヴァルジャンの告白

関連ページ

ミュージカルの主題歌・有名な歌・名曲
「サウンド・オブ・ミュージック」、「レ・ミゼラブル」、「ウエストサイド物語」など、世界的に有名なミュージカル映画主題歌・挿入歌 解説と視聴