志摩スペイン村 テーマ曲 きっとパルケエスパーニャ

エスパーニャ 太陽と歌を求めて 冒険と夢を求めて♪

『きっとパルケエスパーニャ』は、三重県志摩市にある複合リゾート施設「志摩スペイン村」公式テーマソング。開園当初(1994年)から使用され、テレビCMでも流れる。

「パルケ」とは「公園」、「エスパーニャ」とは「スペイン」を意味し、「パルケエスパーニャ」とは「スペイン公園」の意味になる。

きっとパルケエスパーニャ(ダウンロード版)

ジャケット写真:きっとパルケエスパーニャ(ダウンロード版)

『きっとパルケエスパーニャ』は志摩スペイン村の園内で流れるほか、最寄り駅である近鉄志摩線・鵜方駅(うがたえき)の車内チャイムや、鵜方駅からの直通バス車内放送でも流される。

【YouTube】志摩スペイン村 2022年夏CM

【YouTube】きっとパルケエスパーニャ

歌詞の意味・和訳(意訳)

『きっとパルケエスパーニャ』

作詞:Larry Billman、作曲:Don Harper

エスパーニャ 太陽と歌を 求めて
冒険と夢を 求めて
エスパーニャ ときめきのリズム あふれる
おいで ここ パルケエスパーニャ

踊る胸を熱くこがし
愛の国へすぐに飛び立て

シウタード そこは広場 賑わう街
ティエラ 遥かな土地 風車の影
人は生まれて 幸せを知る
グラシアス! 素敵な空

エスパーニャ 情熱とロマン 求めて
喜びと自由 求めて
エスパーニャ ときめきのリズム あふれる
おいで ここ パルケエスパーニャ

こころの色 赤く染めて
愛の国が君に微笑む

フィエスタ 陽気な祭り 誰もが踊る
そしてマール! 果てない海 船出の朝
人は生まれて ふれあいを知る
グラシアス! まぶしい風

エスパーニャ ときめきのドレス まとえば
聞こえるよ リズムとメロディー

ひかる瞳見つめあえば
きっときっと愛に出会うよ

エスパーニャ エスパーニャ パルケエスパーニャ
エスパーニャ エスパーニャ パルケエスパーニャ
エスパーニャ エスパーニャ パルケエスパーニャ
エスパーニャ エスパーニャ

エスパーニャ

「エスパーニャ(España)」はスペインのこと

パルケ

「パルケ(parque)」は、スペイン語で「公園」のこと。英語では「パーク(park)」。

シウタード

「シウタード(ciudad)」は、スペイン語で「街、都市」などを意味する。「シウダード」「シウダー」「シウダ」とも表記される。

ティエラ

「ティエラ(tierra)」は、スペイン語で「地球、陸地、地面、土地、故郷」など様々な意味がある。

グラシアス

「グラシアス(gracias)」は、スペイン語で「ありがとう」。

フィエスタ

「フィエスタ(fiesta)」は、スペイン語で「祭り、祝祭、祝日」などの意味がある。

マール

「マール(mar)」は、スペイン語で「海」を意味する。

関連ページ

CMソング・企業テーマソング 有名な曲
テレビCMで定番の企業テーマソング・CMソング特集
スペイン民謡・歌曲・クラシックギターの名曲
『アルハンブラの思い出』、『アランフェス協奏曲』、『愛のロマンス(禁じられた遊び)』など、有名なスペイン民謡、伝統的なスペイン歌曲、クラシックギターの名曲まとめ