アラビヤの唄 昭和初期の歌謡曲

砂漠に日が落ちて 夜となる頃 恋人よ懐かしい 唄をうたおうよ

「砂漠に日が落ちて 夜となる頃」が歌い出しの『アラビヤの唄』は、アメリカ映画「受難者 The Garden of Allah」主題歌を1927年(昭和2年)に日本語カバーしたジャズ風歌謡曲。作詞:堀内敬三、歌:二村定一。

レコード発売された当時のカップリング曲は『私の青空 My Blue Heaven』。

ラクダに乗ってサハラ砂漠ツアー

2017年に放送されたNHK朝の連続ドラマ「わろてんか」では、広瀬アリス演じる芸人リリコが『アラビヤの唄』を歌い注目を集めた。

2004年のNHK教育テレビ「アラビア語会話」のテーマソングとしても使われた。

写真:ラクダに乗ってサハラ砂漠ツアー(出典:tripadvisor)

【YouTube】 アラビヤの唄(二村定一)

【YouTube】アラビアの唄 川畑文子

映画「受難者」について

『アラビヤの唄』の原曲が主題歌のアメリカ映画「受難者 The Garden of Allah」は、レックス・イングラム監督による1927年公開の白黒サイレント映画。

映画『受難者』The Garden of Allah

写真:映画「The Garden of Allah(1927)」ポスター(出典:Wikipedia)

イギリスの小説家ロバート・ヒッチェンス(Robert Hichens)による同名の小説を原作としており、映画化は1916年に続き二度目。その後も1936年にリメイクされている。

作曲者について

『アラビヤの唄』原曲の作曲者は、アメリカのポピュラー作曲家フレッド・フィッシャー(Fred Fisher/1875-1942)。

代表曲は、1910年にリリースされた『Come Josephine In My Flying Machine』(カム・ジョセフィン・イン・マイ・フライング・マシーン)。

同曲は、1997年のアメリカ映画「タイタニック」において、ケイト・ウィンスレット演じるローズが船首で両手を広げるシーンで、レオナルド・ディカプリオ演じるジャックがこの曲を口ずさむ。

さらに、タイタニック沈没後に海上で救助を待つシーンでは、瀕死のローズが同曲を口ずさむなど、映画の要所で印象的に用いられている。

【YouTube】"Come Josephine, In My Flying Machine"

関連ページ

昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ
堀内敬三 有名な歌・代表曲
『冬の星座』、『私の青空』、『遠き山に日は落ちて』などの訳詞・作詞を手掛けた堀内敬三の有名な歌・代表曲まとめ
私の青空 My Blue Heaven
せせまいながらも 楽しい我家 恋しい家こそ 私の青空
遠き山に日は落ちて
ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」第2楽章のメロディに堀内敬三が作詞