トットトコ

スウェーデン民謡(メロディのみ)

『トットトコ』は、NHK「みんなのうた」で1969年6月から7月にかけて初回放送された子供向けの歌。原曲はスウェーデン民謡

当時の初回放送では、『上を向いて歩こう』、『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』などの大ヒット曲で知られる昭和のスター歌手・坂本 九(さかもと きゅう/1941-1985)が歌い手を務めた。

日本語の歌詞では、二人の人物による問いかけと答えで構成されており、その口調から推測するに、男性が問いかけ、女性が答える形と思われる。

森へ出かけようとする女の子に対し、意地悪な男の子がちょっと脅かすようにいろいろと余計な心配事を問いかけていく。なお、作詞者は中山知子。

原曲のスウェーデン民謡とは?

『トットトコ』のメロディの原曲とされるスウェーデン民謡とは、ヴェルムランド(Värmland)地方発祥の『Jänta å ja』。

スウェーデンの夏至祭では、メイポール(Maypole)やクリスマスツリーの周りでダンスを踊る際の曲として定着している。

英語圏では、『My Girl and I』(彼女と僕)、『Me and My Gal』、『Midsummer Eve』などのタイトルで英語カバー曲も存在するようだ。

【試聴】トットトコ

【試聴】Osmond Brothers 1965『Jänta å ja

関連ページ

スウェーデン民謡・童謡 有名な曲
日本でも有名なスウェーデン民謡・童謡特集
スウェーデンの夏至祭 ダンスの曲は?
毎年6月下旬の夏至の頃にスウェーデン各地で開催される伝統的な年中行事