リトル・スコティッシュ・ファンタジー
A Little Scottish Fantasy

スコットランド幻想曲からリメイクされたヴァイオリン曲

『リトル・スコティッシュ・ファンタジー(A Little Scottish Fantasy)』は、シンガポール出身のヴァイオリニスト ヴァネッサ・メイによる楽曲。

テレビ朝日系列のスポーツ番組『GET SPORTS』エンディングテーマ等で使用され、日本でも有名になった。

同番組内では、同曲のリメイク版「VOICE OF THE BRAVE」の他、元「Le Couple(ル・クプル)」の女性ヴォーカル藤田恵美によるカヴァー「Angel Voices Calling」もテーマ曲として使用されている。

写真:スコットランドの世界遺産:エディンバラ旧市街

原曲は「スコットランド幻想曲」

原曲は、ドイツの作曲家マックス・ブルッフが1879年から1880年にかけて作曲した『スコットランド幻想曲(Scottish Fantasy)』の第3楽章。メロディの元となったスコットランド民謡の歌詞もコーラスとして追加されている。

元となったスコットランド民謡とは「I'm a Doun for Lack O'Johnnie」。「ジョニーがいなくてがっかり」との邦題もあるようだ。

ヴァイオリニスト ヴァネッサ・メイとは?

ヴァネッサ・メイ(Vanessa-Mae/1978-)は、シンガポール出身のヴァイオリニストで、現在はイギリス国籍。いわゆるオルタナティヴやフュージョンと呼ばれるジャンルのミュージシャンとして、クラシック音楽とポップスの垣根を越えて活躍している。

ヴァネッサ・メイのアルバム『チャイナ・ガール』(1997年)の収録曲「誰も寝てはならぬ」は、2006年トリノオリンピック女子フィギュアスケートにおいて、荒川静香がプログラム曲として使用し金メダルを獲得したことで、非常に注目を集めた。

【関連ページ】 マックス・ブルッフ スコットランド幻想曲

【関連ページ】 スコットランド民謡 I'm a Doun for Lack O'Johnnie

【試聴】リトル・スコティッシュ・ファンタジー

関連ページ

有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴