ハイサイおじさん

沖縄県のミュージシャン「喜納昌吉&チャンプルーズ」代表曲

『ハイサイおじさん』は、沖縄県のミュージシャン「喜納昌吉&チャンプルーズ」により1976年に発表された沖縄ソング(ウチナーポップ)。

「ハイサイ」とは、沖縄の方言(うちなーぐち)で、「こんにちは」を意味する。出会ったときのあいさつ言葉。女性形は「ハイタイ」。

志村けんの持ちネタ「変なおじさん」はこの曲の替え歌として有名。また、高校野球の沖縄県代表校が甲子園で演奏する応援歌にもよく使われている。

歌詞の内容は?

『ハイサイおじさん』の歌詞では、少年のおじさんの間で繰り広げられる他愛のない会話が描写されている。ウチナーグチ(沖縄方言・沖縄弁/琉球方言)で書かれているため現地の人でないと難解。参考までに一番の歌詞を次のとおり引用する。

ハイサイおじさん  ハイサイおじさん
昨夜(ゆうび)ぬ三合ビン小(ぐゎ) 残(ぬく)とんな
残(ぬく)とら我(わ)んに 分(わ)きらんな

ありあり童(わらばー) いぇー童(わらばー)
三合ビンぬあたいし 我(わ)んにんかい
残(ぬく)とんで言ゆんな いぇー童(わらばー)

あんせおじさん 三合ビンし不足(ふずく)やみせぇーら
一升(いっす)ビン我(わ)んに 呉(くぃ)みせーみ

標準語での歌詞の意味

こんにちはおじさん
夕べ飲んでた酒はあるかい?
残ってるなら分けておくれ

おいおい小僧 やい小僧
三合ビン程度の酒でこの俺に
残ってるかと聞いてるのか やい小僧

それならおじさん 三合ビンじゃ不足なら
一升ビンを俺にくれるのかい

沖縄民謡・沖縄ソング特集

【試聴】ハイサイおじさん 喜納昌吉 チャンプルーズ

沖縄民謡・沖縄ソング特集