グレイス・オマリー Grace O'Malley

アイルランド民謡/伝説の海賊女王グレイス・オマリーとは?

グレイス・オマリー(グレース・オマリー/Grace O'Malley/1530–1603)は、16世紀後半のアイルランドで名を馳せた女海賊。元々はアイルランドの一部族ウール王国の王女だったが、王が戦死すると、親類に族長の座を奪われてしまった。

指導者としてのカリスマ性を有していたグレイス・オマリーには信奉者も多く、彼女は父の領土へ戻り、船団を受け継いで女船長となった。勇敢で非情な采配に周辺海域の船団は震えあがり、瞬く間にグレイス・オマリーは「海賊女王」の異名を持つ有力海賊へとのし上がっていった。

グレイス・オマリーの名は同名のアイルランド民謡『Grace O'Malley』の中にも残された。同曲が単独で演奏される機会は少ないが、日本でも比較的有名な吹奏楽曲『伝説のアイルランド』では、中盤でこのアイルランド民謡『Grace O'Malley』のメロディ(アレンジ)が繰り返し用いられ、そのメロディは時代を超えて受け継がれている。

アイルランド民謡『Grace O'Malley』の主旋律・メロディは次のとおり(楽譜の抜粋)。

関連音楽ページ

伝説のアイルランド(吹奏楽曲)
『ブライアン・ボルー・マーチ』をはじめ、いくつかのアイルランド民謡が用いられた吹奏楽曲
アイルランド民謡の有名な曲
『ダニーボーイ』、『サリーガーデン』、『アイルランドの子守歌』など、世界的に有名なアイルランド民謡の解説・歌詞・日本語訳とYouTube動画の視聴

【試聴】吹奏楽 伝説のアイルランド