ニュルンベルクのマイスタージンガー

リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner/1813-1883)

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』は、リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。1868年6月にミュンヘンで初演された。

第1幕への前奏曲は、ワーグナーの楽曲の中でもよく親しまれ、演奏会で採り上げられる機会が多いだけでなく、祝祭的なイメージから、式典(大学の入学式など)での演奏機会も多い。

この楽劇は、16世紀中ごろのドイツ、バイエルン州の都市ニュルンベルク(上写真は現代)が舞台。当時のニュルンベルクでは手工業が発達し、各手工業の代表者たちが芸術(歌唱)に携わり、マイスタージンガー(親方歌手)と呼ばれていた。

主人公のハンス・ザックスは実在の人物とされ、そのザックスもまたニュルンベルクのマイスタージンガーだった。第3幕のコラール「目覚めよ、朝は近づいた」は、ザックスの詩に基づいているという。

ちなみに、ニュルンベルクに関連する音楽家としては、17世紀バロック期の作曲家で代表曲『カノン』で知られるヨハン・パッヘルベルが有名。

ワルキューレの騎行~ワーグナー:管弦楽名曲集映画『地獄の黙示録』に使われて有名となった「ワルキューレの騎行」ほか、ワーグナーの代表的な作品の序曲・前奏曲を集めた名曲集。3人の指揮者の聴き比べも楽しい。

【視聴】ニュルンベルクのマイスタージンガー

リヒャルト・ワーグナー特集へ

有名なクラシック音楽 解説と試聴