ピアノ練習曲集『音の絵』

ラフマニノフ (Sergei Rachmaninoff/1873-1943)

『音の絵(Études-Tableaux for piano solo)』は、ラフマニノフによる全2集17曲からなるピアノ練習曲(エチュード)集。

1911年頃に完成した計8曲の作品33(Op.33)と、亡命直前の1917年に出版された計9曲の作品39(Op.39)に分かれている。

作品39についてはイタリアの作曲家レスピーギ(Ottorino Respighi/1879-1936)が一部の曲をオーケストラに編曲したことで知られている。

また、作品39のいくつかの曲には第2曲「海とかもめ/La Mer et les Mouettes」、第7曲「葬列/Marche Funebre」など、曲が表現する情景に合わせたタイトルが付けられている。

特に第6曲「赤ずきんちゃんと狼/Le Chaperon Rouge et le Loup」では、忍び寄る狼と逃げ惑う赤ずきんの少女の姿が目に浮かぶようだ。

ラフマニノフ特集トップへ

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴

【試聴】練習曲集 『音の絵』 No. 6 赤ずきんちゃんと狼

関連ページ

ラフマニノフの有名な曲 解説と視聴
『ピアノ協奏曲第2番』、『ヴォカリーズ』、『エレジー』、『前奏曲 嬰ハ短調 鐘』など、ラフマニノフの有名な楽曲の解説と視聴まとめ