シャンパン・ポルカ(シャンペン・ポルカ)

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II/1825-1899)

『シャンパン・ポルカ(シャンペン・ポルカ)』は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したポルカ。曲中ではシャンパンを開ける音が模擬的に鳴らされる。

1858年の8月10日にロシアの首都サンクトペテルブルク近郊のパブロフスクで作曲された。初演時のタイトルは「舞踏会のシャンパン」。

【試聴】シャンパン・ポルカ ヨハン・シュトラウス2世

関連ページ

ヨハン・シュトラウス2世 有名な曲・代表曲
『美しく青きドナウ 』、『ウィーンの森の物語』など、「ウィーンのワルツ王」ヨハン・シュトラウス2世の有名な曲・代表曲まとめ。父や弟など家族による代表曲も。