メフィスト・ワルツ第1番

フランツ・リスト(Franz Liszt/1811-1886)

リスト:P作品集【視聴あり】

『メフィスト・ワルツ第1番 Mephisto Waltz』は、レーナウ「ファウスト」に基づく管弦楽曲「村の居酒屋での踊り」をピアノ独奏用に編曲したフランツ・リストの楽曲。

レーナウ(Nikolaus Lenau/1802-1850)とは、オーストリアの詩人(ハンガリー出身)。

ハンガリー的情熱と、スラブ的憂鬱の交じり合った独自の作風により「世界苦の詩人」として知られる。

叙事詩「ファウスト」は、レーナウによる1836年の作品。ゲーテ「ファウスト」と同一の題材に基づき、神と人生に対する懐疑と絶望を詠っている。

レーナウの詩は多くの作曲家に創作のインスピレーションを与え、リヒャルト・シュトラウス交響詩『ドン・ファン』、メンデルスゾーン『春の歌』、シューマン『6つの詩とレクイエム』などが生まれている。

メフィスト・ワルツ~キーシン・プレイズ・シューベルト&リスト キーシン16枚目のアルバム。2003年に各地でのリサイタルで取り上げた曲目で、十分に練られた上での録音だ。シューベルト作品の叙情性と、リスト作品で聴かせるテクニック、ともに見事。

【試聴】Horowitz plays Liszt Mephisto Waltz part 1

リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調

【楽譜】  リスト メフィスト・ワルツ第1番楽譜: 42ページ
出版社: 全音楽譜出版社; 菊倍版 (2008/11/14)
ISBN-10: 4111140521
ISBN-13: 978-4111140527
発売日: 2008/11/14

関連ページ

フランツ・リストの有名な曲
『愛の夢 第3番』、『ラ・カンパネラ』、『超絶技巧練習曲』など、フランツ・リストの有名な曲 解説・YouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲
ショパン、モーツァルト、バッハ、ベートーヴェン、シューベルトなど、有名なクラシック音楽の名曲特集