愛のワルツ ブラームス
ピアノ連弾曲集「16のワルツ」より

ヨハネス・ブラームス(Johanes Brahms/1833-1897)

『愛のワルツ』は、ブラームス作曲のピアノ連弾曲集「16のワルツ(4手のためのワルツ集)」(作品39) の第15曲目。1865年出版。

ピアノ連弾曲集「16のワルツ」は、楽曲ごとに様々な性格の違いが見られ、リズムに凝ったもの、スラヴ風の愁いを含んだもの、ハンガリー風のにぎやかな曲想をもつもの、子守唄風のもの、夜想曲風のものと様々。

のだめカンタービレ」(2006年)、映画「Little DJ〜小さな恋の物語」(2007年)、アフラックCM(2009年)など、テレビ・映画・CM音楽としても度々用いられている。

【試聴】ブラームス 愛のワルツ

関連ページ

ブラームスの有名な曲・代表曲
『交響曲第1番』、『大学祝典序曲』、『愛のワルツ』など、19世紀ドイツの作曲家ブラームスを代表する曲・有名な曲の解説と視聴