大学祝典序曲

ブラームス/Academic Festival Overture

『大学祝典序曲 Academic Festival Overture』は、ドイツの作曲家ブラームスが48歳を迎えた1881年に初演された演奏会用序曲。大学から授与された名誉博士号に返礼するため作曲された。

写真:ポーランドのヴロツワフ大学(旧:ブレスラウ大学)

『ドイツ・レクイエム』や『交響曲第1番』で成功を収め、ヨーロッパで名声を高めたブラームスは1876年、彼が43歳の時にイギリスの名門ケンブリッジ大学から名誉博士号授与の申し出を受けた。しかし船旅嫌いで英語も話せなかったブラームスは、この申し出を断ってしまう。

1879年には、今度はポーランドのヴロツワフ大学(旧:ブレスラウ大学)から名誉博士号を授与されたブラームス。

当初は感謝状のみで謝意を表していたが、彼を推薦した指揮者のベルンハルト・ショルツから説得され、返礼の意味を込めて『大学祝典序曲』を作曲し同大学に献呈した。

4つのドイツ学生歌を引用

『大学祝典序曲』には以下の4曲の学生歌が引用され、それらが自作の主題と有機的に構成されてメドレー的な序曲となっている。ブラームスの作品としては大掛かりな楽器編成で、バスドラムやトライアングル、シンバルなどの打楽器類も多用され、トルコ軍楽(メフテル)の雰囲気も若干感じ取られる。

ファゴットが奏でる親しみやすいフレーズの学生歌『Was kommt dort von der Höhe?』は、日本では大学受験ラジオ講座のオープニングテーマ曲として知られ、テレビ番組のBGMとしても使われることがある。ドイツでは「新入生の歌」として歌われ、スッペも変奏曲の題材として取り上げている。

序曲の最後の部分・コーダ(終結部)で現れる4分の3拍子の学生歌『Gaudeamus igitur ガウデアムス』は、ヨーロッパ諸国で古くから歌われている伝統的な歌曲。スッペ作曲のオペレッタ「愉快な仲間(Die flotten Burschen』序曲で引用されているほか、国際大学スポーツ連盟(FISU)主催の総合競技大会ユニバーシアード(Universiade)の開会式や閉会式、表彰式などで同曲が用いられる。

無料楽譜・スコアは?

ブラームス『大学祝典序曲』の無料楽譜・スコアについては、ペトルッチ楽譜ライブラリー(IMSLP)のこちらのページでダウンロード・印刷が可能。フルスコアやパート譜など多数アップロードされているので適宜参照されたい。

ブラームス:交響曲第1番、大学祝典序曲
バーンスタイン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるブラームスの名盤。

【試聴】ブラームス 『大学祝典序曲』

関連ページ

ブラームスの有名な曲・代表曲
『交響曲第1番』、『大学祝典序曲』、『愛のワルツ』など、19世紀ドイツの作曲家ブラームスを代表する曲・有名な曲の解説と視聴