わらびもち 引き売りの呼び込み・売り声・歌

移動販売・引き売りの歌・音楽/年中行事カレンダー

きな粉をまぶしてぷるぷると美味しいわらびもち。見た目にも涼しげで、軽トラックなどの移動販売車で売られる引き売りのわらびもちは夏の風物詩として親しまれている。

夏のイメージがあるわらびもちだが、和菓子店で売られている本蕨(ほんわらび)を使ったわらび餅は保存に向かないため、むしろ夏の間は販売されていないこともあるようだ。

スーパーなどで見かけるパック入りの無色透明なわらびもちは、わらび粉の代わりにサツマイモやタピオカから取られたデンプンや葛粉が主原料として使われている。

個性的な引き売りの呼び込み

移動販売車によるわらびもちの引き売りでは、「わーらびーもちー♪」の呼び込み・売り声がおなじみだが、地域や売り手によっては様々なアレンジの売り文句・口上が存在する。

近くを通りかかる短時間の呼び込みの売り声だけでわらびもちに興味を向けてもらうため、インパクト勝負の個性的な宣伝文句が次々と登場している。

YouTubeでは、日本全国各地の変わったわらびもちの移動販売車を捉えた動画が多数アップされており、その競争の激しさを垣間見ることができる。いくつかご紹介しよう。

ぷるぷる強調バージョン

【試聴】わらびもちに命をかける業者 ぷるぷるぷる~ん

わらびもちのぷるぷる感をこれでもかと強調した売り文句・口上となっているが、途中から「ぷるぷる」が「ぷりぷり」、「ぷりっ!」と変化していき、ちょっと違うモノを想像してしまいそうで、そのテンションの高さと相まって何とも言えない空気を醸し出している。

女性の声による呼び込み

【試聴】妹系ボイス

【試聴】セクシー過ぎる?広島のわらび餅移動販売

声優養成所の生徒さんたちにでも読み上げてもらったのかどうか定かではないが、奇抜な内容はそのままに、若い女性の声でわらびもちの売り文句が流れている。

話題性やインパクトを狙ったのか、それともマーケティングに基づいたニーズをピンポイントに狙ったビジネス的戦略なのか、いずれにしてもこれを大音量で聞かされるのはなかなか精神的に辛いものがある。実際、呼び止めるのも相当勇気がいるのではないだろうか。

レトロで風情のあるリヤカーでの引き売り

最後に、風情のある伝統的なリヤカーでのわらびもち売りの動画で本稿を締めくくることとしたい。こんなレトロで趣のあるわらびもち売りなら、是非ウチの近所にも来てほしいものだ。

【試聴】遠州二俣わらびもち売り 昭和のまま時間が止まった街「二俣」